前へ
次へ

自分の希望通りの額で不動産売却は可能か

親から不動産を相続したとき、転勤などで自分が所有する住宅を売却するときなどに不動産売却をします。購入も大変ですが不動産売却はもっと大変かもしれません。ただ上手くいけば自分が希望する額で不動産売却できるときもあるので、大きなお金が入ると期待するときもあるでしょう。転勤であれば転勤先で住宅を購入したりする必要があり、売却額によって次の住宅の質にも影響します。購入したときの金額であったりローン残高、更に相場などを調べて最終的に売却額を決めていきます。このときに決める額は基本的に自分の希望額になるのでいくらでも構いません。数百万でも数億でも自由に設定できます。では自分の希望通りに不動産売却が上手くいくかですがなかなか簡単にはいきません。まず不動産には相場がありそれを無視して高い価格設定にすると購入希望者が現れないでしょう。一方でむやみに安い価格設定をするとどんどん希望者がやってきて、後で安すぎたと後悔してしまいます。こんな失敗をしないためにもまずは不動産売却に詳しい不動産屋に相談しましょう。相談すると希望額などを聞いてくれ、今の不動産事情なども教えてもらえます。そして一番大事なのが実際に売却する物件のある地域での相場でしょう。最近同じような物件がどれくらいで売却されているかの情報を教えてもらえます。一応不動産売却においては自分の希望額は決められるものの、あくまでも相場に沿った金額設定をしなければいけません。できるだけ高く売却したいが売却期間に余裕があるなら多少高めでも構いません。すぐにでも売却したいときは相場に近い額か相場よりも価格設定を落とす必要があるでしょう。設定した価格に対してどれくらい希望者が出てくるかで後はそれぞれの希望者とのやり取りになります。購入希望者はできるだけ安く購入したいと考えているので、少し値引きをすれば契約にサインをしてくれる可能性もあります。希望額にこだわりすぎるとどんどん売却時期が遅れるので注意が必要でしょう。

Page Top